09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

ステキな金縛り 

三谷幸喜監督の最新作『ステキな金縛り』の公開を記念して、『古畑任三郎』が再放送されました。

ファンの間でも人気の「VS明石家さんま」が放送されて、途中からですが見れました。

やはりおもしろい。

丁々発止の法廷バトル。
たまりません。

しかも犯人の明石家さんまも素晴らしいです。

倒叙型ミステリの素晴らしさを十分味わえます。
(「倒叙型ミステリ」とは、最初に犯人を教えるタイプのミステリ。有名なのは『刑事コロンボ』。主人公と一緒に犯人を追い詰める楽しみが味わえます)


脚本をつとめた『12人の優しい日本人』では、日本に陪審員制度があったら、という架空の設定の物語です。

これもおもしろい。



そして『ステキな金縛り』です。

今回は証人が幽霊という設定。

そして泣ける映画らしい。

僕は『THE・有頂天ホテル』に描かれている奇跡に落涙しました。

今回はどんな涙を流させていただけるのでしょうか。

スポンサーサイト

テーマ: 日記 - ジャンル: 日記

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/908-e50fd224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top