05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

実存浮遊

映画やアイドルなどの文化評論。良い社会になるために必要な事を模索し書き続けます。

心霊写真ってなぁに? [2009年02月03日(火)] 

心霊番組に懐疑的な僕です。

論理的であろうとする僕は、やはり論理的に考えて「なんでそうなんの?」ってなります。


心霊写真の説明で、「ご先祖さまが足のケガを気をつけよと警告している」とかありますよね。
なんでご先祖さまって写真でしか警告してくれねぇんだ。
ちゃんと教えてくれりゃあいいのに。
「写真が一番うったえやすいのだ」という説明もあるでしょう。
でもなんでその暗号は自称霊能者にしか解読できないんでしょうか。

そしてその自称霊能者はおはらいしろとか言う。
金取って。

なんで無償でおはらいしてくれないんだろう。
なんで高額のおはらい代を支払わせようとしたり、「あなたのお気持ちでお布施ください」などと、高額を支払わせるように誘導するんだろう。


疑問は尽きません。


まず、自称霊能者ってなんで不安にさせるわけ?
その人には解決できないような不安のあおり方をする。


僕はマイナスに落として元に戻しプラスに思い込ますやり方より、「現状のプラス」に気付かせるやり方を取ります。

洗脳のやり方を単純にすると、「現在の思考」を全否定し「新たな思考」を注入する、という感じらしいです。
だから自称霊能者のやり方も洗脳と一緒って事。


なんでご先祖さまは文書化して教えてくれないんだろ。
あと墓参りに行かなかったら怒ったり。
わがままか。

僕自身、ご先祖さまをうやまっています。
というかこの宇宙をうやまっている。
この宇宙が、この地球が、このように成り立っている事に感謝しています。

もし僕が死んでも、僕の事を悪く言ったりうやまわないごときで祟ったりする気はありませんけどね。
っていうか、もし霊魂になるんだとしたら、楽しくてそんな無駄な事してる暇ねー!!
霊魂になったらいっぺーやる事あるわ。

だから幽霊なんて存在しません。
人に構ってられっか。
馬鹿か。

でも馬鹿が多いから他人の写真に入り込んだりするかも。
スポンサーサイト

テーマ: 哲学/倫理学 - ジャンル: 学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

△top

コメントの投稿

Secret

△top

トラックバック

トラックバックURL
→http://jitsuzonfuyu.blog111.fc2.com/tb.php/98-3a0e198a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△top